2010年06月11日

民主党 参院複数候補区「見直しも」 安住選対委員長(毎日新聞)

 民主党選挙対策委員長に内定した安住淳衆院安全保障委員長は7日、参院選で改選数2以上の選挙区に複数候補を擁立する方針について「どうしても共倒れの懸念があるとか、県連の話も聞かなければならない。状況を見ながら判断する時があると思う」と述べ、支援体制の見直しがあり得るとの考えを示した。党本部で枝野幸男前行政刷新担当相(幹事長に内定)と会談後、記者団に語った。

 これに先立ち、TBSの報道番組で、小沢一郎前幹事長の政治とカネの問題に関し「政治倫理審査会の場でお話しいただければ党のためにもいい」と語り、国会での説明が望ましいとの考えを示した。【吉永康朗】

【関連ニュース】
<関連記事>選挙:参院選 民主、沖縄の統一候補断念 「普天間県内」が影響
<関連記事>横浜市議補選:民主候補が初当選 「首相交代で反転攻勢」
<関連記事>小沢ショック

他人に成り済まし携帯詐取未遂 男2人を逮捕(産経新聞)
<菅首相>会期延長を検討 2週間程度(毎日新聞)
民主党両院議員総会、「鳩山後継」選出へ(読売新聞)
厚労省元係長の初公判=偽証明書の実行役―郵便不正事件・大阪地裁(時事通信)
校舎3階窓から小1女児転落死…兵庫(読売新聞)
posted by タマキ ヒロシ at 00:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。