2010年06月15日

「入梅」なのに梅雨入りまだ ビアガーデン晴れ晴れ 生育遅れ、農家は曇り顔(産経新聞)

 11日は、梅雨が始まるとされている「入梅」。平年だと東北北部を除き梅雨入りしている時期だが、今年は九州南部以北はまだだ。気象庁によると、日本列島上空で偏西風が南に蛇行し、北から冷たい空気が流れ込んでいることなどから梅雨前線が北上できず、日本の南海上にとどまっているためという。梅雨入りの遅れで、ビアガーデンや日傘の売り上げが好調な一方、農作物の生育を心配する農家からは不安の声も上がっている。

                   ◇

 東日本は6月に入ってから晴天続き。上旬の東京の日照時間は88・3時間で、平年の52・7時間を大きく上回った。また、10日には東京・練馬で最高気温30・1度、長野県・南信濃で32・2度を記録した。

 梅雨入りの遅れで、客入り好調なのがビアガーデン。冷たいビールを求めて多くの客が訪れる東京プリンスホテル(東京都港区)では、担当者が「晴天はありがたいですね」とほくほく顔。

 毎年、梅雨時期に傘の特設売り場を設ける百貨店「松屋銀座店」(中央区)の今年の売れ筋は、雨傘ではなく、日傘や晴雨兼用の傘。手袋やストールなど紫外線対策商品も、売り上げが伸びているという。

 一方、ホウレンソウやニンジンなど発芽に雨が必要な野菜を育てている農家では、晴天に困り果てた様子。千葉県香取市農政課の担当者は「サツマイモは雨が少なくて生育が遅れている。早く梅雨に入ってほしい」とため息をつく。

 気象庁によると、梅雨前線の北上を抑えている偏西風の蛇行は収まりつつあるため、まもなく梅雨入りする見通しという。

 気象庁では、梅雨期間中の雨量は、全国的に平年より多いとみている。今季は太平洋高気圧が弱い傾向があり、7月もその状態が続けば、その分、梅雨前線が日本列島に居座るため、梅雨も長引くという。だが、梅雨入りが遅れた分を補うだけの十分な降水量が得られるかは微妙だ。

 梅雨入りの遅れと長引きは、夏の到来が遅くなることも意味する。子供たちにとっては、夏休みに入っても、しばらく残念な日が続くことになりそうだ。

日本、海外W杯で初勝利=堅守で逃げ切る―カメルーンに1―0(時事通信)
荒井氏の「主たる事務所」自民有志が視察(読売新聞)
現役力士数人「過去に野球賭博関与」と自己申告(読売新聞)
<口蹄疫>西都市で新たに感染の疑い 289例目(毎日新聞)
「広報専門官」にホテルウーマン=市政の発信力アップ目指す―神戸市(時事通信)
posted by タマキ ヒロシ at 21:23| Comment(20) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。