2010年04月30日

首相、普天間で職を賭す「理解を求める」ことが決着?(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は23日午前の参院本会議で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「首相として、すべての政策に職を賭す覚悟で臨んでいる。その中に普天間の移設先の問題も当然含まれている」と述べた。

 21日の党首討論では「すべての政策実現のため職を賭して頑張る」と語っており、さらに一歩踏み込んだ形だ。自民党の山本一太参院議員の質問に答えた。

 ただ、一方で首相は、民主党の山下八洲夫参院議員の質問に対して「地元の理解を求めつつ、米国ともすり合わせをして理解を求め、政府として5月末までに具体的な移設先を決定する」と説明した。移設先や米国との間で合意にまで至らなくても、「理解を求める」ことで決着を図りたい意向をにじませた。

 これに関連し、政府は22の閣議で、「移設先となる地元の理解を求めつつ、米国とも調整をして理解を求めた上で、5月末までに政府として具体的な移設先を決定する考えだ」とする答弁書を決定した。

【関連記事】
「鳩山政権は政権の体をなしてない迷走内閣」公明・井上幹事長
事業仕分け第2弾スタート「天下りのあかを完全に洗い流す」と首相
運用理解せず…鳩山首相、普天間迷走も小沢氏“我関せず”
ヘリ部隊分散を念頭か 補佐官「首相は全面的に基地移転とは言ってない」
鳩山首相のすり替えに違和感 「愚か」と「愚直」
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<スカイツリー>呼ぼうよ!東京マラソン スカイツリー駆け抜ける 東京・墨田区でミニマラソン(毎日新聞)
<無理心中>重傷の母親も死亡 東京・羽村(毎日新聞)
ネット選挙 参院選から解禁 適用範囲の議論スタート(産経新聞)
東京でも和解成立 自立支援法訴訟が終結(産経新聞)
徳之島へ海兵隊1500人移転=首相説明、徳田氏は拒否−普天間(時事通信)
posted by タマキ ヒロシ at 09:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。